避妊をするために利用するピルのなかには、女性ホルモンである黄体ホルモン、卵胞ホルモンという、ふたつのタイプのホルモンを人工的に合成したものが含まれています。 こうしたピルを日々規則的に服用すると、服用した女性の体内では、黄体ホルモン、卵胞ホルモンの濃度が恒常的に増えているという状態になってきます。 自然の状態の女性の体内で、こうしたホルモンの濃度が高まる時期というは、実は妊娠をしたときとなります。 そのため、ピルを服用することによって、体はすでに妊娠をしてしまったものと勘違いしてしまい、以後は妊娠をする準備をやめてしまいます。

女性の体内で起こる、妊娠をするための準備としては、まずは卵巣からの排卵があります。 そして、排卵された卵子が受精をした場合、それは卵管を通って子宮に行きつき、受精卵のためのベッドである、厚く成長した子宮内膜に着床し、そこで妊娠が成立するという流れになります。 もしも一定の期間内に妊娠しなかった場合には、ベッドをつくり変える作業として、厚くなった子宮内膜は剥がれて体外に排出され、これが女性の月経という現象になります。 ピルを服用した場合ですが、まずは妊娠の準備のひとつとしての、排卵がなくなります。 排卵をしない以上は、性行為があったとしても、受精、さらには妊娠に至らないというのが、まずは一つ目の避妊ができる理由といえます。

また、子宮内膜が受精卵のベッドとしての役目を果たすのは、それにふさわしい厚みが確保されていることによります。 ピルの服用の後で、しばしば月経と同様の現象がみられることがありますが、その後はふたたび子宮内膜が厚く成長することがなくなりますので、やはりこれも妊娠を阻害し、避妊という効果をもたらすことになります。 さらに、ピルの服用によって、女性の子宮の入口のあたりから分泌される、頚管粘液などの質が変化し、粘度が増すということも挙げられます。 この粘液というのは、外部から子宮への異物の侵入を防ぐという意味合いをもっています。その粘度が変化すれば、性行為をしても受精をすることがさまたげられ、結果として避妊につながるということになります。 このように、女性ホルモンを人工的に合成したものが主要な成分となっているピルをきちんと服用すれば、体内のホルモン濃度の増加から起きる、妊娠のメカニズムを構成しているさまざまな要素の変化が生まれます。 こうした体内の微妙な変化が、結果として避妊を図る結果につながることになります。

ピルを服用していても妊娠の可能性がある訳

ピルを服用したとしても、まれに妊娠につながる可能性がないわけではありません。ただし、その多くの場合が、正しい用法で使用しなかった場合となります。 たとえば、毎日服用すべきところ、何日かの飲み忘れが生じていたというものです。 通常、ビルのパッケージには、こうした飲み忘れを防ぐためのカレンダーが添付されているものですが、それでも忘れてしまった場合、飲み忘れの期間に応じて、はじめから飲みなおしが必要か、後から続けて飲めばよいかが決まりますので、注意書きにしたがった対応が必要です。 また、服用後に急な吐き気でもどしてしまったという場合も要注意です。実はピルの有効成分が口から体外に出てしまっていて、それが避妊の効果を失わせた原因になっている可能性があるためです。

ほかに、一部の抗生物質や抗てんかん薬などと併用した場合に、ピルの避妊効果が損なわれてしまって、結果として妊娠してしまうというケースもあり得ます。 ピルに限らないことですが、医薬品の飲み合わせには十分に注意し、場合によっては医師に相談をしたほうがよいともいえます。 また、ごくまれなことですが、体質的に、体内でのホルモンのバランスを調整することができず、ピルを服用しても排卵が続いてしまう人がいます。 この場合、ピルによる避妊の最初の要素である、排卵の抑制がはたらかないため、結果として妊娠してしまう可能性が否定できません。このため、医師の指導のもとで、正しくピルを使うということが重要になってきます。