避妊に失敗してしまったときに必要となるアフターピル、我が国においても徐々にその存在が浸透しつつあり、望まない妊娠を回避し、体と心を守り、傷つかずに済む女性も増えているようです。 中でもアイピルは、数あるアフターピルの中でも、副作用があまりないことでも知られており、人気のある医薬品です。 女性にとっては、まさにお守り替わりともいえるアイピルは、日本の製薬会社が開発したものではないので、日本国内では販売されておらず、レディースクリニックで医師の処方を受けるか、個人輸入をして買い付けるしかありません。 低用量ピルの解禁を受けて、ピルを取り扱うクリニックも増えてはいるものの、アフターピルに関しては、処方できるクリニックも限られており、緊急を要する必要のある薬ということを考えると、何かあってから手配するのではあまりにも不安です。

日本人の意識としては、お医者さんから処方される薬を服用する、ということが安全で安心ですが、避妊失敗後すぐに服用しなければ意味がないアフターピルなので、慌てて処方してくれる病院を探し出すというのも現実的ではありません。 そういった点から考えれば、自分で輸入して保管しておくほうが賢明で、落ち着いて対処できます。 アフターピルを処方しているクリニックだからと言って、副作用の少ないアイピルを扱っているか否かもわからないので、ぜひ、個人輸入であらかじめ手に入れておくことをお勧めします。 個人輸入と聞くと、とても難しい手続きが必要で英語も理解できないといけないのではないかと思われがちです。 しかしネット通販では、海外の医薬品を個人に代わって買い付けてくれる業者が存在するので、そういった個人輸入代行サイトを利用すれば、ややこしい関税なども無視して購入できます。

ただ、ネットサイトには多くの代行業者が進出しており、中には偽物を売りつけている悪徳業者もいます。 そういったところから薬を買っても、偽物ゆえに避妊効果はなく、望まない妊娠をしてしまうことになったり、最悪の場合、健康被害に遭い、命を落としてしまうことにもなりかねません。 通販サイトで偽物のダイエット薬を服用し、死亡してしまったという事例は記憶に新しいところで、アフターピルに関してもないとは言えません。 手軽に、病院よりも安く、アイピルが手に入れられる通販サイトではありますが、正規の薬を手に入れるということも含めて、個人輸入はすべて自己責任となる、ということを理解しておかなければなりません。

信頼できる通販サイトを利用するしかない

大切な自分の体に服用する医薬品なので正規のルートで正規の医薬品を買い付ける、ということは当然鉄則です。 悪質サイトを見分けるコツとしては、業者のホームページをしっかりと読み込んだり、実際にそのサイトを利用した方の口コミ評価を確認するといったことが必要です。

購入の段階で、信頼できる通販サイトであるかどうかを見分けなければならないので、その指標となるのが価格です。 あまりにも安すぎるサイトは悪質業者であるケースが多く、販売元も明らかにされていないことが多いので、相場よりも安い、という場合には要注意です。 口コミ評価もとても参考になるポイントで、代行業者の実績とともに、敏速に医薬品を配送してくれる業者か否か、十分にチェックしておきましょう。 注文後に確認メールや配送メールなど、頻繁に連絡を取る業者か、万が一商品にトラブルがあった場合、返品交換などを受け付けてくれる業者なのかといったところも、しっかりと調べておきましょう。 ホームページの日本語表記がおかしくないか、現存する会社が日本国内にあるのか、といったところも、確認しておくと安心です。商品購入にあたっての保証をきちんと行ってくれる業者であれば、信頼できる通販サイトです。