いざという時のために緊急避妊薬であるアフターピルを持っていると安心です。望まぬ妊娠を避けるためにはできるだけ24時間以内に服用するのが良いとされていますが、72時間以内なら効果があるとされています。 危険日なのに避妊をしなかったり、危険日と気付くことができなかったり、コンドームが破損してしまったり途中で外れてしまったような場合には妊娠の可能性が大きくなりますので、早急に服用することが大切です。 アフターピルは、行為があった時から服用するまでの時間がどれくらいであったかによって効果に差が出ます。例えば12時間以内ならほとんど妊娠の可能性はありませんが、24時間を過ぎると2%弱の確率で妊娠するといわれています。 その後、時間の経過と共に確率はどんどん上昇しますので、できれば12時間以内に服用したいところです。それが無理でも、最近のお薬はかなりの効果が期待できますので、まだ時間的に対処できる範囲内なら服用するようにします。

アフターピルにはノルレボ錠とプラノバールとがあり、ノルレボ錠は行為があった時から72時間以内に、2錠を1回だけ服用します。 それに対し、プラノバールは72時間以内に2錠、12時間後さらに2錠を服用します。ノルレボ錠の方が新しいタイプであり、それまでのような吐き気や嘔吐などの副作用がほとんどありません。 避妊効果も高いことからメリットが大きいのはこちらのノルレボ錠だと言えます。

アフターピルをすぐに服用すれば妊娠をかなりの確率で防ぐことはできますが、日本では処方箋がなければ入手できないものですので病院に行くのが一般的です。 しかし、このようなデリケートなものを近所の病院で入手するというのも、万が一知り合いに見られでもしたらどうしようと不安になってしまうことも少なくありません。 市販されていないものは処方箋を貰ってから薬を手に入れるという流れになりますので、欲しいと思ってもすぐに入手できないのが厄介です。 病院を受診して処方箋をもらうのもためらわれるが、そのままでは妊娠のリスクがあるという場合、あまり悩んでいる時間はありません。 アフターピルは時間の経過と共に妊娠を阻止できる確率が低下してしまいますので、その悩んでいる時間のせいで失敗してしまう可能性もあります。 また、アフターピルの場合には事前に病院を受診していてもまとめて事前に処方してもらえず、その都度処方してもらわなければならないのも厄介です。

じゃあどうやって手に入れれば・・・

病院には行きたくないがアフターピルを手に入れたいという場合や、あらかじめ事前に用意しておきたいという場合には、通販を利用して入手する方法があります。 市販されていないものは薬局に行っても購入できませんので、インターネットなどから購入することになります。通販を利用すると、市販されていない処方箋の必要なものなども、医師による診察を受けることなく購入できます。 通販のものは個人輸入で、国内のものより安く購入できるというメリットもあります。

通販を利用する場合、まずは売られているアフターピルの種類を調べてその効果や副作用について調べなければなりません。 一口にアフターピルと言っても色々な種類のものが販売されていますので、より安全で効果の高いタイプを選ぶことが大切です。それぞれの商品には特徴が記載されていて、避妊成功率やどの位の時間まで効果があるのかも分かります。

避妊に失敗してしまうなどの突発的な出来事はいつ起こるかが分かりません。ですから、ある日急に必要になるケースも出てきます。 必要になってから通販を利用して購入しても時間がかかりすぎて間に合わない可能性もありますので、手元に置いておくと良いかもしれません。