服用後は生理に問題が出てくる?

最近では女性自身が自分を守る為に所持していると言われている『アフターピル』について見ていきましょう。
アフターピルとは、緊急避妊薬やモーニングアフターピルとも呼ばれています
その名の通り、避妊に失敗してしまった時や、望まない妊娠を避ける時に服用するピルのことを言います。
最近ではネット通販で購入することができることから、万が一の為に備えている女性が増えました。
避妊を目的としているモーニングアフターピルは性交後72時間以内に飲むことで約80%の避妊率と言われています。
24時間以内の服用では避妊率90%と服用が早ければ早いほど避妊率がアップすることを頭に入れておきましょう。
アフターピルは種類、服用する時間に猶予があるものもありますが、基本的には72時間以内に服用することがルールと言えるでしょう。

そもそも妊娠というのは、排卵・受精・受精卵の着床の3段階で成立すると言われています。
アフターピルを服用することで、排卵と受精卵着床を抑制してくれる薬ですので、避妊することができると言われているのですが、すでに受精卵の着床が完了している段階で服用しても効果はありません。
避妊に失敗したと気付いた段階で服用することが大切と言えます。また、アフターピルを服用すれば確実に避妊ができるわけではないので注意しましょう。

アフターピルは副作用として強い吐き気や嘔吐などの症状が出ることがあります。
種類によっては1回の服用で済むものもありますが、1回目の服用後12時間経過してから2回目を服用する種類もあります。
途中で嘔吐をしてしまうと効果が発揮されないこともありますので、もし副作用が強く出た場合には医師に相談しましょう。
また、アフターピルを服用後に生理に問題が出てくることもあります
先程も言いましたが、避妊が成功したかどうかは次の生理がくるかも判断基準となりますので、しっかり確認することが大切です。
排卵と同じ時期にアフターピルを服用した場合、生理とは異なる排卵出血である可能性も高い為、経血の量や状態にも注意が必要です。
アフターピルを服用後、早い女性で3日程度で出血を確認することがありますが、3週間以上経過しても出血しない場合は、妊娠した可能性が高いと考えられます。
アフターピルは女性ホルモンに働きかける薬ですので、服用後には生理サイクルが乱れてしまうことが予想されます。
ホルモンの働きが正常に戻るまでは、生理周期に乱れが生じてしまうこともあるでしょう。

アフターピル服用後は月に2回生理が来ることもある

アフターピルを服用したタイミングによっては、1か月に2回生理がくることがあります。
このタイミングというのは、排卵予定日の前後に服用した場合です。
ただし、排卵後に服用した場合にはそのまま生理予定日に合わせてくる人も多いようです。
排卵前に服用した場合は、生理予定日よりも早く始まる傾向があります。
服用した場合には、生理予定日よりも遅れて生理がくることはありません。
このことを忘れないようにしましょう。

アフターピルを服用したタイミングによって個人差はありますが、服用後3日~1週間の間に出血を確認する人が多いようですが、2週間目に来る人もいますので焦らないようにしましょう。
この出血は、アフターピルによって強制的に起こされた生理であり、消退出血と言います。
消退出血は本来の生理とは違います。
そして、本来くる予定だった生理が予定日前に始まる為、1か月に2回生理があると思う方が多いのです。
ただし、排卵後に服用した場合には、消退出血と共に通常通りの生理が一緒に起きることがあります。
この場合は1か月に1度の生理となります。
その為、すべての女性が消退出血と通常生理の2回来るとは言えません。
あくまでも服用したタイミング次第ということなのです。
また、予定日を過ぎて出血があった場合には、着床出血の可能性があります。
妊娠検査薬を使用し、妊娠しているかどうか確認しましょう。
もし検査薬では不安という方は産婦人科を受診するようにしてください。

アフターピルを服用した場合には必ず消退出血があるというわけではありませんので注意しましょう。
先ほども言いましたが、排卵後に服用した場合には通常生理と同時に来ることもありますので、しっかり確認してください。
また、消退出血の有無にかかわらず、服用した後の排卵は不安定であり、周期に乱れが生じてしまい、予定日を過ぎてもこないことで不安に感じたという女性も多いようです。
個人差はありますが、9割の女性が3か月以内には自然な生理が来ていることが確認されています。
予定通りに生理が来ても、その出血が妊娠初期の不正出血である可能性もありますので、消退出血があってもなくても妊娠していないことがわかるまで避妊をしましょう。
服用したから大丈夫だと安心せずに、生理がしっかり来るまでは性行為を避けることも必要です。
性行為を避けることができないのであれば、基礎体温を計るなどの対策や、コンドームを使用した避妊をしっかり行うように心掛けましょう。

アフターピルに頼り過ぎはだめ?

アフターピルは女性の体にはとても負担が大きい物ですから、頻回に使用することのないように避妊に対してしっかり行うことが大切です。
また、再び避妊に失敗した場合には、アフターピルを服用する必要があります。
緊急避妊薬はその1度の膣内射精に対しての措置ですので、前回飲んだから安心ということはありません。
その都度飲まなくてはいけないのです。
緊急時の為の薬を頻回に服用すると体に負担がかかりますし、ホルモンバランスが乱れて正常に戻るまでに相当な時間がかかってしまいます。
ホルモンバランスが乱れてしまうと体調が悪くなってしまうことも考えられますので、このような事態にならないように気をつけてください。

不正出血が起きることもある

アフターピルを服用するとこれが生理なのか不正出血なのかわからなくて困っているという女性も多いようです。
そもそも基本的には、膣内射精をした72時間以内に服用することで精子が子宮内に着床することを防いでくれるので、出血があってもそれは消退出血であり、不正出血とは異なることが多いようです。
ただし、服用するタイミングによって出血の原因も異なることがありますので注意しましょう。

女性の中には習慣的に排卵時少しだけ出血をする方もいます。これは排卵出血と言い、排卵時に子宮内膜の毛細血管が切れる為と言われています。
排卵時に出血をする女性が排卵日近くで服用することによって排卵時の出血なのか、消退出血なのかどちらかわからなくなることがあるようです。
アフターピルを服用すると3日~1週間程度で消退出血と呼ばれる出血がある女性が多いのですが、これが不正出血である可能性もある為、避妊に必ずしも成功したとは言えません。
その後、消退出血以外で予定日に生理が来た場合には避妊が出来たと考えることができるでしょう。
ただし、予定日以降に来た場合に関しては着床出血の可能性も否定はできません。
出血が生理によるものなのか、それとも着床によって起きているのかを確認するには妊娠検査薬を使用し、検査をする必要があります。
検査薬では不安という場合には、産婦人科で検査をしてもらうことが良いでしょう。

女性の多くは自分の生理周期や排卵日などを把握している人が多いようですが、それでも排卵日がズレてしまったり、予定日がズレてしまうことはよくある話です。
日頃から自分の周期を確認しておくこと、ズレが生じていないか排卵日チェッカーなどを使用して確認しておくことも大切です。
また、最近では、スマートフォンアプリなどで周期を予測してくれるものもありますので活用してみましょう。

アフターピルは女性ホルモンに働きかける薬ですので、服用後には様々な問題が出てくるでしょう。一番多いのが、生理周期の乱れや体調不良。
生理周期が正常に戻るまで個人差はありますが、約3か月かかると言われています。
周期が整っていない為、排卵日を予想することができないなどの問題も出てきますので、服用後しばらくは避妊を徹底する必要があるでしょう。
女性自身だけではなく、パートナーとも避妊について話し合い、どのようにしていくのか決めることが大切です。
また、生理周期が正常になるまで性行為を避けるというのも一つの手でしょう。
服用後の出血は自分ではよくわからない、不安が強いという場合には産婦人科を受診し、医師と相談するようにしてください。
また、副作用の強い薬ですので、服用後のトラブルがあった場合にはすぐに受診することが大切です。
特に副作用として多いのが吐き気や嘔吐ですが、嘔吐した場合には自分一人で判断せず、医師に確認することが大切です。
勝手に追加で服用しないように注意してください。
自分の身を自分で守る為の一つの方法ではあるものの、女性の体にとって負担が大きいのも事実です。
万が一の事態にならないように気をつけていくことも大切です。

困った時は病院に相談しよう

昔は、産婦人科を受診し、医師に避妊に失敗したことを伝えアフターピルを処方してもらうのが一般的でした。
しかし、インターネットの普及によりネット通販でも購入することができる時代になったのです。
その為、自己防衛の為のお守りとして購入し、所持している女性も増えたのです。
この点に関しては良いことではあるものの、知識もなく所持している女性がいることも事実です。
服用方法を理解していなかったり、どのような薬なのかをわかっていないことによって、避妊に失敗してしまう女性も多くいます。
確実に避妊したいのであれば、まず膣内射精されないことが一番です。
ただし、コンドームが破けてしまった時や精子が漏れてしまった時など、望まない膣内射精の場合にはアフターピルは有効です。

男性に気に入られたいからという理由だけで膣内射精を許してしまったり、不特定多数の男性と関係を持ち、避妊に対して対応してこなかったなど思い当たることがある場合には、意識を改善していく必要があります。
アフターピルは正常な生理周期を急に変えるホルモン薬です。
ホルモンに対して働きかける薬ですので副作用がとても強いと言われています。
副作用が強く出る人では服用後嘔吐してしまうこともあります。
この際に、吐いてしまったからもう1錠飲まなければいけないと服用してしまう人がいますが、危険ですので絶対にやめましょう。
もし、嘔吐してしまった場合にはネット通販で購入した薬を飲んでいても、すぐに産婦人科を受診し、医師に相談するようにしてください。
アフターケアのことを考えると、ネット通販で購入するよりも産婦人科を受診し、処方してもらう方が安心です。
薬自体は保険が適用されませんので、多少高額になってしまうことがデメリットではあるものの、何かあった時に対応してもらえるという安心感代と考えましょう。
また、出血が止まらない場合や、服用後3週間以上経過しても生理が来ない時にも受診してください。

アフターピルは緊急避妊薬ですが、100%妊娠しない保証はされていません
あくまでも80~95%程度の確率であることを理解しておきましょう。
服用後に出血があったり、正常に来ていた生理周期に乱れが生じることもあります。
少しでも不安な点があった場合には、産婦人科もしくは婦人科を受診し、相談するようにしましょう。
また、避妊に対しても改めて考えてみることが大切です。
パートナーである男性と共に、どのような避妊方法が良いのかを探してください。
コンドームだけで不安という方ならば、低用量ピルの服用も検討すると良いでしょう。
日頃から正常な生理周期をしっかり把握しておくことや、基礎体温を付けておくことも大切です。
男性の甘い囁きに膣内射精を許すことなく、しっかり避妊していきましょう。
そして、アフターピルを服用した後は、生理の周期が正常になるまで性行為をしないということも一つの手です。
周期が乱れてしまっていると、排卵日の予測ができなかったり、生理予定日がズレてしまうこともあります。
正常になるまで性行為をせずに過ごすことも自己防衛と言えるでしょう。
自分の身は自分で守ることが女性にも必要なのです。

生理痛がきつくなる

アフターピルは避妊に失敗したセックスから48時間以内に飲んで、無理やり生理周期を変更することで妊娠を防ぐ緊急避妊薬です。 アフターピルの服用によって女性の子宮や体にかかる負担は大きく、人によっては生理痛がきつくなったり生理不順になることもあります。元の正常な生理の状態に戻るまでに数か月かかることもあります。

続きを読む
アフターピルについて

プラノバールはヤッペ法といって中用量ピルを利用してホルモン値を急上昇させてから一気に下降することで子宮内膜をはがし、受精卵が着床するのを防ぎます。 ヤッペ法はノルレボが新しいアフターピルとして認可されるまではアフターピルの主流となっていました。プラノバールには成分として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方が配合されており、生理不順などの月経トラブルの治療に使われています。

続きを読む
市販で簡単に買える?

病院には行きたくないがアフターピルを手に入れたいという場合や、あらかじめ事前に用意しておきたいという場合には、通販を利用して入手する方法があります。 市販されていないものは薬局に行っても購入できませんので、インターネットなどから購入することになります。通販を利用すると、市販されていない処方箋の必要なものなども、医師による診察を受けることなく購入できます。 通販のものは個人輸入で、国内のものより安く購入できるというメリットもあります。

続きを読む

アフターピルについて説明

アフターピルの服用方法さえ守っていれば生理が服用後にはきます。副作用として強い吐き気や嘔吐などの症状が出ることがありますが、一時的なものなので安心してください。月に生理が2回きたり、不正出血する場合があるので困ったときは病院へ行きましょう。

最新記事一覧